根管治療とは

「歯の神経を取ります」と歯医者さんで言われたことはありませんか?

歯を失う要因のひとつであるむし歯ですが、一口にむし歯と言ってもその進行度合いで状態や治療法が異なってきます(むし歯に関してはこちらを参照)。

むし歯の進行が過度に進んだ場合、歯の根っこ(歯髄)まで細菌感染します。むし歯は自然には治癒しないので、リーマーやファイルと呼ばれる器具で細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的にきれいにします。そして、根管内を洗浄・殺菌して薬剤を入れ、最後に被せ物をします。これらを根管治療といいます。

根管治療の大切さ

どの治療も大切なのは間違いないのですが、この根管治療、よく患者さんから聞く「歯医者にいっても治らない」「治療してもまた歯医者に行く必要がある」などに関連することが多いです。

どういうことかと言いますと、むし歯が進行し根管治療が必要になった際、歯質や神経を徹底的にきれいにし、洗浄、殺菌、被せものをしますが、仮に細菌を取り残した状態で詰め物やかぶせ物をしてしまうと、再度細菌が増殖してきてしまいます。

こうなってしまうと、また痛みが発生してしまいます。そして改めて治療を開始しなければなりません。

根管治療の難しさ

根管治療は、徹底的に歯質や神経をきれいにし、消毒し、しっかり薬剤を詰める処置が治療の成功には欠かせません。しかし、この根管はとても複雑な構造を要しているため、肉眼で見ることができません。

なので治療する際は、担当する歯科医師の技術や経験に頼る必要があります。このことから高度な技術が必要だといわれています。

こうなってしまうと、また痛みが発生してしまいます。そして改めて治療を開始しなければなりません。

最先端機器を使用して根管治療の手助けに

もちろん医師の技術や経験がなによりも大切ですが、患者さんに安心安全の治療を提供するために、歯科医師の能力を十分に引き立てる医療機器を当院では揃えております。

マイクロスコープ

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)は、肉眼に3~20倍に対象を拡大し、治療を行うことができます。より正確な施術が可能となり、治療のレベルを格段に向上させることができます。